早すぎる英語。

テレビで子供の英語教育について言われていた。子供の英語教育は、早すぎると良くないというようなことを言っていた。私的はドキッとする話題だったのだが、自分の考えをあまり否定されたくないので、あまり観なかったのですが、やっぱり頭のどこかに引っかかるものがあった。

確かに、子供の習い事に関して、今時の親は敏感になっている部分は多いでしょう。でも、一番怖いなぁと思うのが、「遅すぎる」ことだったんですね。

まあ、幸いなことに子供は楽しく英語に行っていて、自分から「今日は英語?」と聞いてきてくれる。本人にとっては習い事という感覚がなく、楽しい場所と言った感じでしょうか?私としてはそれで良いと思っています。

早すぎる英語なのだが、英語教室に楽しんでいるから、結果オーライということにしておきましょう。英語はいつから始めるか、それで話せるか話せないかが決まるわけではない。

早いからと言って、子供にストレスがたまるわけでもない。まっ、一番子供を見ているお母さんが判断するしかないってことだね。